社長メッセージ

代表取締役 社長執行役員 清水 正

当社は1936年にソーダ製品の製造販売を目的とする化学メーカーとして設立され、その後ソーダ灰を原料とするガラス事業に進出し、現在ではガラスと化成品の2つの事業を展開しています。

ガラス事業では、建築用、自動車用、電子材料用の分野に展開し、それぞれの分野で研究開発に注力して最先端の技術による製品を供給し続けています。また、積極的な海外展開を進めてきた結果、ガラス事業では海外の売上規模が国内を上回るまでに成長してまいりました。

化成品事業では、化学品、ファインケミカル、肥料、ガラス繊維の分野に展開しております。ソーダ灰の併産物を有効活用した肥料分野、更には肥料原料中のフッ素を活用したファインケミカル分野へと伸展してまいりました。その過程で培った研究開発への取り組みが実を結び、当社独自の技術による医農薬原薬・中間体、半導体向け電子材料、リチウムイオン二次電池用電解液、温暖化防止に向けた低GWPのフッ素系発泡剤・溶剤等の製品群を展開しています。

また、長年培ってきたガラス部門のガラス表面処理技術と、化成品部門の高品質な半導体材料量産化技術とを融合して開発したユニークで画期的な半導体ウェハ撥水乾燥薬液の事業も展開しています。今後もガラス部門、化成品部門のコラボレーションを図り、社会環境の変化に伴う市場ニーズの多様化に対応した独自製品の開発を積極的に推進してまいります。

セントラル硝子グループは今後とも堅実な事業運営を遂行するとともに、「環境・エネルギー」、「ライフサイエンス」、「快適な生活」に寄与する事業を当社の成長事業と位置づけ推進することにより、ものづくりを通じて、真に豊かな社会の実現に貢献してまいります。

今後とも皆様方のなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

清水 正

関連情報

ニュースリリース
過去のニュースリリースをご覧いただけます。
投資家情報
投資家、株主の皆様への情報とご案内を掲載しています。

お問い合わせ

その他について

お問い合わせフォーム

ページ上部へ