ガラスフリット・ガラスペースト

ディスプレイパネルや各種電子部品の封着(封止、接着)、被覆(保護膜)、絶縁膜などに使用される、非晶質系、結晶系、複合系のガラスフリット・ガラスペーストです。

※詳細につきましては、直接お問い合わせ下さい。

用途

封止材・接着剤・絶縁膜・保護膜、電極ペースト用焼結助剤、塗料用焼結助剤、屈折率調整材など

分野

太陽電池、燃料電池、照明(LED)、ディスプレイ、塗料、半導体部品、各種センサー等

特徴

セントラル硝子のガラスフリット・ガラスペーストは以下の特徴を有しています。

  • 380℃~800℃と幅広い焼成温度に対応しています
  • 基材に合わせた熱膨張係数の調整が可能です
  • 目的に応じた組成開発と使用プロセスをご提案します
  非晶質・結晶系 セラミックスフィラー複合系
熱膨張係数(30~300/K) 45~110×10-7/K 40~130×10-7/K
焼成温度(℃) 380~800℃ 420~800℃

環境に優しい無鉛ガラスフリット・ガラスペースト

セントラル硝子のガラスフリット・ガラスペーストは環境を配慮した無鉛ガラスにも対応しています。
また、従来の技術では困難であった無鉛ガラスの低融点化ですが、セントラル硝子では400℃以下で接着・封止可能な無鉛低融点ガラスを開発いたしました。

お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

03-3259-7265

硝子販売部電材硝子販売課
営業時間:9:00~17:30
土・日、祝祭日、8月15日、年末年始除く

関連情報

研究開発
当社が取り組んでいる研究開発を紹介しています。

ページ上部へ