社長メッセージ

代表取締役 社長執行役員 皿澤 修一

当社は1936年にソーダ製品の生産販売を目的として創立され、その後のガラス事業への進出、ファインケミカル事業への展開という大きな事業構造の変化を経て、「コモディティとファイン」、「ガラスと化学」の組み合わせからなる事業分野に進出し、板ガラス及び化成品をベースに新規製品の開発にも積極的に取り組んでまいりました。

ガラス事業では、建築用、自動車用、電子産業用分野等に裾野を拡げ、化成品事業では、既存の化学品、肥料、ガラス繊維分野の他、近年では独自のフッ素技術をベースにファインケミカル分野に注力し、医農薬原薬・中間体、電子材料、精密ガス等にも展開し、大きな成果を上げております。

セントラル硝子グループは今後も堅実な事業性を追求するとともに、製品の一層の「ファイン化」、「環境対応・省エネルギー化」の推進を通じて、グローバルでの競争力を強め、社会の発展に貢献し続ける企業を目指してまいります。

引き続きなお一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

皿澤修一

関連情報

ニュースリリース
過去のニュースリリースをご覧いただけます。
投資家情報
投資家、株主の皆様への情報とご案内を掲載しています。

お問い合わせ

その他について

お問い合わせフォーム

ページ上部へ