MENU

社名に「硝子」とあるけれど、化学事業も、硝子×化学の研究にも取り組んでいる。ここなら、自分の経歴が生かせると思った。

INTERVIEW 13

Y.O. 2013年入社
化学研究所(宇部)

入社理由は?
大学では、生物化学と無機化学の研究を経験。 メーカーの研究職を志望していました。私は、学部では生物化学、大学院では無機化学(フッ素の高い反応性を用いた硝子への薄膜コーティング)と、全く分野の異なる研究を経験した特殊な経歴の持ち主です。就職活動中に当社のことを見つけて調べたところ、「硝子」という社名なのに、硝子だけでなく、フッ素技術を基盤とした化学事業も手掛け、さらに硝子と化学という異なる分野の特徴を融合させた研究に取り組んでいることを知りました。自分の特殊な経歴も、当社なら生かせるのではと思ったことがきっかけです。選考の中で、研究所や人事に親身になって接してもらって、働きやすいイメージが持てたこともあり、入社を決意しました。
現在の仕事内容は?
試行錯誤を繰り返し、要望に沿う製品が提案できたときの達成感。 入社後ずっと、パターン倒壊防止薬液(PK剤)の開発に携わっています。
お客さまのご要望に沿うPK剤がご提案できたときは、モチベーションを感じます。最先端の半導体であるほどPK剤に求められる性能は高くなります。その一方で、PK剤を使用していただくことによって、お客さまの半導体や半導体製造装置の構成部材、後の製造工程などに影響が出てはいけません。試行錯誤の開発を繰り返し、それぞれのお客さまの使用環境に適したPK剤をご提案できたときはとても達成感があります。
会社の雰囲気は?
休暇取得奨励、No残業デーなど仕事以外の時間も大切にする。 月1回の有給休暇の取得奨励、No残業デー(第2、第4水曜)の導入など、仕事以外の時間も大切にする取り組みがたくさんあります。
将来の夢・目標は?
当社が先駆けとなる事業の立ち上げに貢献できたら。 PK剤の開発を通して、パターン倒壊防止という目的以外にもさまざまなご要望をいただくことがあります。そのご要望に沿える製品を開発することが近い夢です。遠い夢としては、業界の流れを汲んでお客さまのご要望を先取りし、PK剤のように当社が先駆けとなる事業の立ち上げに貢献できたらと思っています。
休日の過ごし方は?
中国地方と九州のほとんどの県に旅行した。 旅行です。山口県宇部市への異動後、山口県中はもちろん、中国地方と九州のほとんどの県に旅行できました。主目的は、現地の美味しいものをたくさん食べることです。目下、四国への旅行を計画中です。
応募する方へのメッセージは?
等身大の自分でぶつかってみてください! ぜひ、就活生向けに行っている工場や研究所の見学にいらしてください。ものづくりの現場、また、そこで働く社員の表情などを見て、ご自身の働く姿を想像できるかがすごく大切だと思います。
選考では等身大の自分でぶつかってみてください。一緒に仕事ができる日を楽しみにしています!

Schedule
1日のスケジュール

8:30
出社。メールチェック。実験。
15:00
打合せ用に報告書を作成します。
16:00
グループ打合せ。今後の方針を話し合います。
17:30
翌日の実験計画を考えます。
18:00
退社。