現場で学び、プロフェッショナルへと育つ

 設備の設計や化工計算をするのが私の仕事ですが、デスクワークだけで完結するものではありません。定期的に生産現場に出向いて、そこで働く人と会話をします。研究者とも連絡を取り合います。他愛の無いような会話から情報が得られることも多く、コミュニケーション能力は必要だと感じています。聞き取ることと自分の考えを伝える表現力、両方が重要です。いくら知識と技術力があっても、表現できなければ伝えることができません。それでは現場や研究者と信頼関係を築いて仕事をすることはできませんから、生産技術としては致命的だと思います。
 当社は、若い間から担当を任せられ、責任を持たされます。難しさはありますが、そこはベテランの方がフォローしてくれます。周りに育てられて、プロフェッショナルになっていくという感じでしょうか。大学の研究では味わえないスケール感も味わえます。ぜひ現場を見て、興味を持っていただければと思います。