「知識+経験」を問われるのが仕事

 配属されたのは、工務部の生産技術。しかし担当分野は有機ファイン。有機化学が好きではなかったので、うーん、と思ってしまったのは正直なところ(笑)。予想通り、大学の勉強はほぼ役に立たず、入社してからは新たに勉強することばかり。仕事は、知識にプラスして経験。実際に仕事をしながら経験を積んだり、上司や先輩の経験談を聞く間に、有機ファインに関わる面白さを感じるようになりました。
 業務は工場で出た問題の解決や現状の製造工程を改善するための設計・検討、新製品の生産を始める際の化工計算などを担当しています。データを集めて予測した通りに設備が稼働し、生産が進んだときはやりがいを感じますね。

困難やトラブルを越えて、成長を遂げる

 仕事を進める上では、研究所や現場の人間と何度も話し合いを繰り返します。工務部内でも会議がもたれます。会社はいろんな考えや知識、経験を持った人の集まりですから、お互いの意見に耳を貸して、ひとつの製造工程を作っていかねばなりません。
 新製品の場合には、まず化学研究所で検討を行います。製品化できると判断されれば、私たちと共に反応熱や生産設備で使う電気量などを計算・シミュレーションしていきます。研究所と工場では規模が異なりますので、研究所でうまくいっても別の要因で熱量が不足したり、反応時間が変わったりします。他のラインとの設置についても考えないといけません。いろんな人間と話し合い、仕様を決め、試験生産をして、やっと量産化にたどり着きます。
 想像もしなかったトラブルもたくさん起こります。それを克服するたび、自分の技術が向上していくのを感じられますね。