圧倒的な知識量を要求される仕事

 入社当初から現在のファインケミカル営業部で営業をしています。1年目は、打合せの席で交わされる会話についていくのが大変でした。用語を知らない、技術面の知識がないということがその原因。キャッチアップするしかない、と独学で調べて学びました。先輩に聞けば教えてもらえますが、すべてを聞いていたのでは自分ためにもなりませんから、まずは自分でという姿勢で臨みました。高校時代に化学の授業を受けていたこともあり、基礎的なことは理解でき、勉強をする際の調べ方もわかっていたのは幸いでしたね。
 必要な知識としては化学以外にも、会計、輸出入取引関連、知的財産関係、医薬業界等、顧客業種それぞれの特有事情、化学物質管理関連を中心とする各国法規制の知識なども要求されます。理解し、覚えるだけでなく、実務でアウトプットすることの難しさと面白さを感じながら勉強をしています。

世界を相手に、事業をハンドリングする

 私が担当しているのは、トリフルオロメタンスルホン酸および、これを原料とする各種化学製品群です。これは当社が世界でトップクラスのシェアを持っている製品群です。担当エリアは全世界であり、顧客である製薬会社や化学メーカーは海外企業が中心ですので、英語力も要求されます。営業担当者であると同時に、担当製品群の事業における主担当者であり、販売戦略立案、収益性管理、物流企画、さらには関連する新規開発製品の営業も業務に含まれます。また、担当製品の海外工場建設プロジェクトのメンバーでもあり、グローバルな製造販売全体についても戦略立案を担当する立場です。重要な案件でも、私の提案や意見が採用されるケースが多いため、日々緊張感を持って仕事をしています。責任は重大ですが、その分、世界を相手に仕事ができるという面白さは格別ですね。