学んできたものを活かす仕事に就く

 大学時代に真空を使ったコーティングに関する研究をしていました。会社に入っても同様の研究をしたい、と考えていたところ、セントラル硝子を大学の先生から薦められました。実家が三重県ということもあり、セントラル硝子の名前は家族からも出ていました。セントラル硝子が、ガラスにコーティングを施した製品の研究をしていることなどがわかり、興味を持ったのが最初の動機ですね。
 面接や選考を通してお会いする人に安心感を覚え「この会社なら自分に合っているのかな」と思うようになりました。また、面接では私の研究内容に興味を持ち、細かいところまでお話を聞いてもらえました。「私の知識や経験が役に立てられるかも」と思えましたね。会社に入ってからも同じ研究ができる、とは思っていなかったのですが、結果的には素材は違いますが、同じコーティングの研究に就くことができています。