幅広い製品群と、専攻が活かせる製品に希望を

 大学では物質制御科学を専攻し、特殊な研究をしていました。放射化学という、無機化学の中でもマニアックな内容で、石英や長石の放射線欠陥について調べるというものです。「この研究を活かせる就職先はあるのか?」と半信半疑ながら就職活動を進めていましたね。セントラル硝子を知ったきっかけは、同じ研究室の先輩。「いい会社だよ」と薦められたものの、自分の知識と経験が活かせるだろうか、とまずは情報収集をすることに。「ガラスと社名についているのに、化学事業を行っているところがユニークだな」というのが第一印象。それで選考に申し込んだのですが、そこで聞いた商品開発の説明が非常に興味深かった。「ガラスと一口に言っても、自動車や住居から特殊な用途の物まで幅広く生産し、加工も行う」と知り、研究で扱っている石英と同じケイ酸塩物質であるガラスの商品開発ならば自分の力が活かせるのではないかと考えたのが入社の動機になりました。