経験を積みながら知識も身につけていく現場

 幼い頃からものを作ったり、分解しては直したり、時には壊したりということが好きで、ものづくりに携わりたいと思っていました。ものづくりであれば分野はどこでもいいと考えていたのですが、研究室の先輩の友人が宇部工場勤務で、たまたまその方と会う機会があり、話をしたのがきっかけでセントラル硝子に興味を持つように。長い歴史と安定性、若いうちから責任のある仕事を任せられるという点が決め手になりました。希望通り工務部に配属されましたが、材料の種類、配管の種類、これを作るにはいくら必要か、見積もりを取るのに何日必要か、発注後の製作や据付には何日必要かなどなど、経験が必要な業務が想像以上に多く、入社当初は勉強の日々。大学の講義で実際に業務で役に立っているのはCADくらいでした。材料力学や機構学は基礎知識として役に立っていますが、直接業務に役立てるという場面はなかなかないですね。