不安を払拭したのは「ひとを育てる」という気風

「新しい加工物を研究開発して、世の中の役に立つ物を作りたい」
 私が就職活動をする際に掲げた目標です。研究室の教授にこのことを話したとき、薦められたのがセントラル硝子でした。実はそのときは社名も知らない会社でした。私が研究していたのは有機合成。セントラル硝子がメインに手がけているのはフッ素化学だときいて、正直言うと「どうして?」と疑問に思いました。フッ素化学は勉強をしたこともなかったからです。「就職するなら学生時代に身に着けた経験を活かしたい」と考えていたので、不安を感じながらも、研究所に面接に行きました。でも、そこで基礎的な研究から工業化まで一貫して手がけていることや、生活に役立つ化学品の研究開発を手がけていることを知り、興味を持つように。なにより、説明をしてくれた社員、研究所の雰囲気、社風が好印象。「若手を育てよう」という気持ちが伝わってきたんです。それが決め手になりました。