一日の流れ:多くの部署の仕事を、一度に経験できる楽しさ

 現在は、設立して間もない子会社の業務に携わっていることもあり、ルーティンワークだけでなく、新規の案件等、色々な経験をしています。日本に居た時とは異なり、業者との打合せなど社外に出ることも多々あります。打合せの後は、報告書を作成するのも大切な仕事。海外の子会社で経理や総務を担当していると、本社であれば様々な部署に分かれる業務をひとりで担当することができます。もちろん、専門的な知識が要求される仕事もあり、先輩や上司に相談しながら進めています。このように多くの経験を積むことができているのも仕事の楽しさのひとつと言えますね。セントラル硝子は若手にも様々な経験をさせてくれる会社です。

キャリアについて:会社の立ち上げを任されるような人材を目指す

 自分が将来なりたいと思っているのは「経理部門のスペシャリスト」です。これはただひとつの分野だけに限ったことではありません。財務・予算管理・決算・税務など、経理に関わる全ての知識を身に着け、総合的な習熟度を上げて行きたいと思っています。そうして、最終的には新規会社の設立などを行う際に、ひとりで一社の管理業務の基盤を整備できるような人材に成長したいと思っています。この将来の目標のために、現在手がけている子会社の管理業務の経験は必ず役に立ってくると感じています。今後は本社の経理と経理にまつわる各種業務も手がけ、さらに経験を積んでいきたいと考えています。