超低融点無鉛ガラス

RoHS規制対応の低温封着可能な無鉛ガラスフリット・ガラスペーストで、各種電子部品、特に半導体部品の封止に使用されます。
セントラル硝子の超低融点無鉛ガラスは、RoHS規制対応でありながら、400℃未満での焼成が可能です。
また、無機フィラーの添加によって、熱膨張係数が調整可能であり、各種基材に適用可能です。

※詳細につきましては、直接お問い合わせ下さい。

特性値

  MSシリーズ
軟化点 [℃] 300~350
転移点 [℃] 270~320
熱膨張係数 [×10-7/K] 80~150
推奨焼成条件 Peak温度:350-400℃

フローボタン

お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

03-3259-7265

硝子販売部電材硝子販売課
営業時間:9:00~17:30
土・日、祝祭日、8月15日、年末年始除く

関連情報

研究開発
当社が取り組んでいる研究開発を紹介しています。

ページ上部へ