HFO-1233zd(E)

参考荷姿写真(株式会社日陸の承諾を得て掲載)

現在、ビル・マンション等の断熱材として使用されている硬質ウレタンの発泡剤には、フッ素を含んだHFC-245faやHFC-365mfcが使用されています。
しかし、これらHFC系発泡剤は地球温暖化係数(GWP)が高く(245fa : 1,030、365mfc : 794)、地球温暖化防止の観点から炭化水素や水発泡といったノンフロン発泡剤への転換が進められてきました。
HFO-1233zd(E)は、GWPが低く(GWP=1)、現行の発泡剤よりも断熱性に優れています。
2012年11月に当社は世界に先駆けてHFO-1233zd(E)の商業生産を開始し、市場への材料供給を行っています。
HFO-1233zd(E)は、日刊工業新聞社主催「第17回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」において優秀賞を受賞いたしました。

※詳細につきましては、直接お問い合わせ下さい。

品位 99.5%以上
性状 微エーテル臭のある無色透明の揮発性液体
用途 硬質ウレタンフォーム発泡剤

お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせ

03-3259-7307

化成品営業部
営業時間:9:00~17:30
土・日、祝祭日、8月15日、年末年始除く

関連情報

研究開発
当社が取り組んでいる研究開発を紹介しています。

ページ上部へ