すぐわかる!よくわかる!早分かりセントラル硝子

事業

セントラル硝子では、7分野という多岐にわたって事業展開しております。

  • 1936年 化学品事業
  • 1953年 肥料事業
  • 1958年 建築用ガラス事業
  • 1964年 自動車用ガラス事業
  • 1971年 ガラス繊維事業
  • 1979年 ファインケミカル事業
  • 1983年 電子材料用ガラス

1936 化学品事業として出発

当社の原点が、この化学品事業です。ガラス製品や石鹸、洗剤の原料となるソーダ灰をはじめとするソーダ工業製品や、各種産業の基礎材料となる無機・有機化学製品を生産。これらは基礎工業製品として、あらゆる産業分野で素材として使用されています。

1953 肥料事業の開始

ソーダ灰を併産する塩安(塩化アンモニウム)は肥料の三大要素のひとつである窒素(N)を含む化学肥料になります。
当社の肥料事業は、1953年にソーダ灰の生産設備の一部を塩安ソーダ法に切替え、ソーダ灰と同時に肥料用塩安の生産を開始したことから始まりました。
その後、塩安をベースに高度化成肥料(塩加燐安)やNK化成、また作物が必要とする時期に必要な量の肥料を供給できる被覆肥料などを開発して生産品目を拡充し、日本の農業分野に貢献しています。

1958 建築用ガラス事業への進出
1964 自動車用ガラス事業への進出

ソーダ灰を製造していた当社は、1958年にソーダ灰を使用する板ガラス事業に進出。原料から板ガラスまで一貫して生産できる体制を整え、世界唯一のデュープレックス法による板ガラスを初め、様々なニーズに応える建築用ガラスを製造しています。また、建築・住宅用ガラスを手がける中で、精度を増した製板技術・加工技術によって自動車用ガラス事業への展開が可能となり、安全性、快適性、デザイン性に優れた、高品質で多様なガラスを提供しています。

1971 ガラス繊維への進出

板ガラス事業で培った操窯技術を活かしてガラス繊維事業をスタート。自動車・IT・住宅・環境など幅広い分野を対象に、ユニークで優れた特性を持つガラス繊維製品を開発し、世界のメーカーのニーズに対応できる製品を提供しています。

1979 ファインケミカル事業のはじまり

肥料の三大要素の一つ、燐酸の原料となる燐鉱石にはフッ素が2~3%含まれています。燐酸製造過程において、フッ素を固定回収することが、当社とフッ素の最初のかかわりとなりました。1979年にはフッ素化技術を核とした研究が相次いで開始され、エレクトロニクス分野や医農薬分野などを中心に、様々なファインケミカル製品を提案しています。

1983 電子材料用ガラスへの展開

フラットパネル表示ディスプレイの普及、発展とともに、当社でも電子材料用ガラスへの進出を目指し、調査、研究開発がはじまりました。現在では、情報・電子産業で主にディスプレイなどに使用される薄板ガラスや、コーティングガラス、ガラスフリット(粉末ガラス)やガラスペーストなど、様々な形状のガラス材料を提供しています。

  • 設立 1936年
  • 事業 7分野
  • グローバル 22拠点
  • 強み 80年
  • 貢献 無限大
  • 未来 3,000億

ページ上部へ