コーポレートガバナンス

基本的な考え方

当社は、一層の収益拡大及び企業価値向上を図るため、絶えず経営全体の透明性及び公正性を高めてゆくとともに、経営環境の変化に迅速に対応できる効率的且つ合理的な組織体制の確立に努めております。

基本体制

当社は、会社法で規定されている株式会社の機関である取締役会と監査役会をコーポレート・ガバナンスの基本体制とした上で、執行役員制度を導入し、重要な経営事項の意思決定及び業務執行の監督機能と、業務執行機能とを分離することで取締役会をスリム化し、経営の効率化と迅速化を図っております。

経営体制

取締役会は、原則として月1回、また必要に応じて適宜開催し、取締役会規則に則り法定決議事項及び経営上重要な事項を審議、決議し、代表取締役及び社長執行役員をはじめとする執行役員の業務執行を監督しております。

また、監査・監督機能を高めるため、一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立性を備えた社外取締役及び社外監査役が取締役会の公正さを担保し、且つ取締役会の恣意的な判断を排除するための機能と役割を担っております。経営会議では、経営会議規則に則り、原則週1回開催し、業務執行上重要な事項を審議、決議し、取締役会への上程議案を審議しております。

なお、取締役の経営責任を明確にし、経営環境の変化に迅速に対応できる体制を構築するために、取締役の任期を定款で1年以内としております。

監査体制

監査役会は、原則として月1回、また必要に応じて適宜開催し、監査に関する重要な事項について協議・決議する他、監査役相互の情報の共有と意見交換を密に行っております。

また、定期的に代表取締役と監査上の重要な課題等について意見交換を行っております。

監査役は、取締役会をはじめとする重要な会議に出席し、取締役及び執行役員の職務執行状況を監査するとともに、当社各事業場及び関係会社の業務遂行状況に関する監査を行っております。

なお、会社法で定められた会計監査人を設置している他、内部監査部門として監査部を設置し、当社及び関係会社の業務全般の監査を行い、社長執行役員及び監査役にその結果を報告しております。

監査役、会計監査人及び監査部は、定期的な会合をもち、情報・意見交換を行い、連係を図りながら、問題の共有化に努めて監査の充実と合理化を図っております。

以 上

関連情報

ニュースリリース
過去のニュースリリースをご覧いただけます。
投資家情報
投資家、株主の皆様への情報とご案内を掲載しています。

お問い合わせ

その他について

お問い合わせフォーム

ページ上部へ